Leisure & Recreation Brings You
a Healthy & Happy Life

国民の健康寿命延伸と健康経営の推進


池田 朝彦

Tomohiko Ikeda

 世界の平和と世界の人々の健康は全人類の希望と願望であります。現在日本国内に於いても日々の健康作りに基づき全国民の健康寿命の延伸とワークライフバランスによる健康経営は、企業と社会において大きな命題となっております。
 「人生において健康が全てではないが、健康でなければ全てがないに等しい」という格言にもありますが、健常者も障害者もともにレジャーとリクリエーション、ソーシャルビジネスを通して、「健全な精神は健全な身体に宿る」を目指して、体、心作りのサポートをしている企業です。 そして健康作りに大事なことはそれを支える衣食住の環境です。健康を支える食品と良好な環境作りも大きなテーマです。
 また、我が社は2020年に創業100年を迎える(宗)立正同親会を中心とする東京倉庫運輸グループの創始者である池田新一の企業理念を継承し、その子会社であった東運レジャーの事業内容を継承する企業です。

池田新一

続く世代への願い(東運70年史より)
 生まれ育てられた明治と大正が昨日の感なのに、汗と涙にまみれて励んだ昭和もついにその終焉を見届けることになった。そして、道は平成の隆盛に向けて大きく開いたのである。まことに「衆生劫つきて大火に焼かるるを見る時も、我此の土は安穏にして天人常に充満する」と説いた経文の大法威に感じ入るばかりである。
 思いかえすと、あの大震災の大火に私が失ったのは家業であった。だた、その喪失は私によき主人を恵み、その天災に引き続いた世界大恐慌の人災は私を東運に結ばせたのである。それから半世紀、私のライフ・ワークの東運もついに創立70周年を迎えることになった。

 すべては、うつり変わる。諸行無常は、この宇宙においての全存在の宿命である。そのうつり変わる宇宙の中で、変わるもの久遠のものーーそれが法華経だと私は信じる。
 よき親に恵まれ、よき師に導かれて大法華の世界に参じ、よき主人に訓育されてよき仕事を与えられた私の「三徳」(主・師・親)も畢竟この法華の花びらの中の幸せであると感謝するばかりである。
 私は平素この大法華の中心が、天人常に充満するこの土日本国であると信じてきた。私の信念ばかりではない。今、いろいろな摩擦を乗り越えながら、平成の日本は世界の中核となって動いているのが現実である。
 そして、この東運である。私の東運づくりは、裏をかえすと立正同親会づくりであったと言える。法華経を求心する同行のあつまりが、今日の東運を築き上げたのである。うつり行く宇宙の中で、不変絶対の求心点、法華経によって築き上げられた東運であるから、この軌道から外れない限り東運の未来は確固のものになる。
 初心を忘れるなと古人は教えた。この70年を築きあげてきた求心を失わないこと、この軌道から外れないことが東運の確固たる未来の確保になることを忘れてはならない。
深く三徳に合掌し、続く世代への願いとする次第である。

渋沢栄一 ・ 大川平三郎

池田新一の企業グループ理念は、かつて父が仕え、多くの援助を受けた恩師大川平三郎氏と、氏の恩師で叔父である東京商工会議所の創始者で、近代日本の資本主義の父といわれる渋沢栄一翁の「論語とそろばん」と「道徳経済合一論」を根拠にしているグループです。                                         ※渋沢栄一画像提供:渋沢史料館

会社概要

商号 東京レジャー株式会社
設立 平成25年6月5日
資本金 700万円
役員
代表取締役会長・社長  池田 朝彦
取締役副社長      小林 郁夫
取締役         中島 強
監査役         池田 祐三子
所在地 〒108-0014 東京都港区芝 4-3-2-607
事業内容 レジャー・リクリエーション事業、社会貢献事業・社会福祉・衣食住環境関連事業等の運営企画・助成・投資コンサルティング
資本金 700万円
商号 東京リクリエーション株式会社
設立 平成5年3月18日
資本金 1000万円
役員
顧問
代表取締役会長・社長  池田 朝彦
取締役         畔上 由美子
取締役         池田 祐三子
監査役         岡田 武司
監査役         畔上 吉雄
顧問          畔上 平吉
所在地 〒108-0014 東京都港区芝 4-3-2-607
事業内容 レジャー・リクリエーション事業、社会貢献事業・社会福祉関連事業等の運営企画・助成・投資コンサルティング
資本金 1000万円
商号 東京倉庫株式会社
設立 昭和47年3月10日
資本金 2000万円
役員 代表取締役社長   池田 祐三子
代表取締役会長   池田 朝彦
取締役       池田 光男
監査役       小林 郁夫
所在地 埼玉県さいたま市辻八丁目13番10号
事業内容 倉庫の賃貸、運営                                 
資本金 2000万円

池田朝彦 プロフィール

生年月日 昭和18年 10月4日
(1943)   池田新一と上野酒悦の長女福の四男として豊島区駒込に生まれる
最終学歴 昭和41年 3月 東京教育大(現筑波大)付属小中高を経て慶應義塾大学 法学部 政治学科卒業
職歴 昭和41年 4月 東京倉庫運輸㈱入社
昭和48年 5月 東京倉庫運輸㈱取締役に就任
昭和54年 9月 東運レジャー㈱設立と同時に社長に就任
平成 3年 6月 東京倉庫運輸㈱取締役副社長に就任(平成24年3月退職)
平成 4年10月 トーウンリクリエーション(有)代表取締役就任(現東京リクリエーション㈱)
平成 5年 3月 ㈱デー・エス・ケー取締役就任
平成21年 4月 東運開発㈱取締役就任(現東京サプライチェーン相談役)
平成25年 6月 東京レジャー㈱設立と同時に代表取締役会長就任
平成25年 9月 日本物流不動産㈱設立と同時に相談役就任
平成29年 3月 東京倉庫㈱代表取締役会長就任

公職 昭和54年 4月 港区ボウリング連盟 会長就任(現顧問)
昭和60年12月 東京芝ロータリークラブ元会長
平成 8年 5月 東京ボウリング場協会会長就任(現相談役)
平成 9年11月 東京商工会議所一号議員(常議員)現在に至る
平成10年10月 東京都信用保証補助審査会委員就任(平成26年10月まで)
平成12年 6月 関東ボウリング場協会会長就任(現相談役)
平成12年 6月 公益社団法人スポーツ健康産業団体連合会理事就任(元副会長)
平成12年 6月 公益社団法人日本ボウリング場協会会長就任(現顧問)
平成13年 5月 港区体育協会参与就任
平成14年 1月 厚生労働省中央最低賃金審議会委員就任(平成23年5月まで)
平成18年 2月 認定NPO法人スペシャルオリンピックス日本・東京理事長就任(現会長)
平成18年 9月 港区環境審議会委員就任 現在に至る
平成18年11月 東京商工会議所港支部会長代行就任
平成18年11月 港区中小企業振興審議会委員就任 現在に至る
平成19年 2月 東京商工会議所港支部会長就任 現在に至る
平成23年 4月 厚生労働省労働政策審議会労働条件分科会委員就任(平成27年4月まで)
平成28年 3月 ジャパンユニバーサルスポーツネットワーク副理事長就任 現在に至る
受賞 平成 6年 6月 最優秀国際ボウリング場経営者 表彰
現職 東京リクリエーション株式会社       代表取締役会長社長
東京倉庫株式会社             代表取締役会長
株式会社東京トラベル           取締役会長
株式会社東京サプライチェーン       取締役
日本物流不動産株式会社          取締役相談役
イーソーコグループ            顧問
株式会社芝浦エデン            顧問
住地ゴルフ                顧問
ホテルセラン               顧問
エコエイト株式会社            顧問

一般財団法人太平奨学会          評議員
スペシャルオリンピックス日本・東京    会長
ジャパンユニバーサルスポーツネットワーク 副理事長
公益法人日本ボウリング場協会       顧問
東京ボウリング場協会           相談役
港区ボウリング連盟            顧問

経歴 大学卒業後、父池田新一の経営する東京倉庫運輸に入社し現場、営業、企画を担当。
概ね物流の一角を担う倉庫業の全般を経験。特に不況時に空になった倉庫を埋めるための顧客開発、
艀からコンテナに移行する搬送手段の変革への対応など、その後のビジネスに活かしていった。
その間ヘリポートの運営事業にも携わり陸海空の三つの運搬手段について学ぶ。その後第三東運ビルの
建設に伴う顧客テナントの誘致などに努め、貸しビル営業を経験し父の考え方である単なるビルの経営
ではなく地域の発展を考慮の入れた街つくりに協力。東京ガスと港区や地元ロータリークラブの協力に
よる運河沿いと田町駅に繋がるビルの全面の道路のカラー舗装やガス灯の設置、植樹、昔よりビルの
敷地内にあり父が整備し守護命名した芝浦妙法稲荷への釈迦尊像の安置とネパール目玉寺より頂戴し
お預かりした御仏舎利の奉納等に協力尽力。しかしながら倉庫の不況時、オイルショック時のセメント
不足、建設費用の高騰時等における社長である父の陣頭指揮、経営に対する考え、地域に対する配慮、
社会貢献、社員とその家族に対する思いやりと寛容、本田日生猊下の法華経の教えに基づく立正安国の
世界観、渋沢栄一翁と大川平三郎翁の「論語とソロバン」と、「道徳経済合一論」はその後の経営の基盤
となった。 その後は第三ビルの中の直営事業であるボウリング場の経営に兄の後を引き継いで担当、
数年後東京倉庫運輸の子会社として東運レジャーを設立しボウリング事業を始め各種の事業を運営。
その内容は約40年にわたるバブルの崩壊、リーマンショック、3.11等の景気の大波のなかで、紆余曲折
を経験しながら実施。レストラン、テニス、ゴルフ、スキー、コンビニ、花屋S&F、温泉施設日新の湯、
ホテルルンビニ、駐車場、ディスコジュリアナ東京、等手広く運営。その間同業者団体のボウリング場
協会の役員、経営者団体の商工会議所役員、NPO団体のスペシャルオリンピックス日本、東京の役員に
就任し、多くの関係の皆様にご協力をいただく。特に地元の経営者の集まりであるロータリークラブの
会員の皆さんとの交流は大きな支えとなった。現在はこの倉庫、貸しビル、レジャー事業の経験と色々な
団体との結び付きを皆様のために活かせるように次世代のために尽力している。
資格 健康経営アドバイザー(初級)
職歴 昭和41年 4月 東京倉庫運輸㈱入社
昭和48年 5月 東京倉庫運輸㈱取締役に就任
昭和54年 9月 東運レジャー㈱設立と同時に社長に就任
平成 3年 6月 東京倉庫運輸㈱取締役副社長に就任(平成24年3月退職)
平成 4年10月 トーウンリクリエーション(有)代表取締役就任(現東京リクリエーション㈱)
平成 5年 3月 ㈱デー・エス・ケー取締役就任
平成21年 4月 東運開発㈱取締役就任(現東京サプライチェーン相談役)
平成25年 6月 東京レジャー㈱設立と同時に代表取締役会長就任
平成25年 9月 日本物流不動産㈱設立と同時に相談役就任
平成29年 3月 東京倉庫㈱代表取締役会長就任

関連事業・顧問会社及び社会貢献活動

東京リクリエーション

長野信州
北志賀夜間瀬

日本物流不動産

東京トラベル

東京倉庫

信州北志賀

仏舎利塔

テニスコート

温泉

売電

スキー場

ホテルセラン

芝浦エデン

エコ・エイト

住地ゴルフ

スペシャル
オリンピックス

ジャパンユニバーサル
スポーツネットワーク

立正同親会

フルーツ販売

お問合せ

03-6435-2327

東京都港区芝 4-3-2-606
soumu@tokyoportbowl.com